ネット誹謗・中傷

ネット誹謗・中傷

ネットで誹謗中傷を受け困っています。

書き込みの削除要請

インターネットの掲示板は、「2ちゃんねる」のように不特定多数の人が匿名で書き込める場合が多く、掲示板に個人や企業・団体を誹謗中傷する内容や、個人情報を書き込む被害が数多く発生しています。

書き込みの内容が名誉棄損、脅迫、偽計業務妨害などの罪に当たる場合は、警察に告訴して捜査を進めてもらうことができます。
また、犯罪に至らない書き込み内容であっても、それによって売り上げの減少とか精神的ダメージを受けたときは、不法行為による損害賠償を請求することができます。

しかし、現に進行中の誹謗中傷を速やかに削除してもらわなければ、あっという間に広がり、対応できなくなってしまうことがあります。
それを食い止めるには、まず、誹謗中傷をネット上から削除してもらうことが最優先です。

そのためには、書き込みのあった掲示板などのURLを控えるとともに、書き込みをプリントアウトするなどして、内容を証拠化しておきましょう。
URLは、ネット上のホームページの場所を知らせる住所のようなものです。あなたを誹謗中傷する書き込みがなされているホームページを開いて、画面上部にhttp://で始まる記述がURLです。中にはhttps://で始まる記述もあります。

その上で、掲示板の管理者に削除を要請します。

一般的な掲示板では、掲示板のページ上部又は下部に、管理者と連絡が取れるリンクがあるので、その管理者に削除を要請します。
通常の方法は、掲示板にある「管理者への連絡」などのリンクをクリックし、表示される入力フォームに記入して送信します。なお、「2ちゃんねる」の場合は、「削除依頼専用の掲示板」で行います。
郵送や電話・メールなどでは受付していません。

管理者が分からないときや、管理者に要請しても削除してくれない場合は、プロバイダーに削除を要請します。
電話番号が決まって回線をつないでもらえば、あなたはその電話で世界中の人と電話で会話ができますね。
同じように、パソコンにも固有の識別番号が割り当てられ、通信回線によって世界中とつながっています。
この固有番号をIPアドレスと言います。この番号を割り振るのがプロバイダーです。IPアドレスを見れば、どこのプロバイダーからインターネットに接続しているかが分かります。