ホーム - FAQs

死刑の確定判決を受けた死刑囚が亡くなった場合は、もう再審請求をすることはできなくなるのか?

刑事裁判における再審請求権者

ある方から、質問を受けました。
死刑の確定判決を受けた死刑囚が亡くなった場合は、もう再審請求をすることはできなくなるのか。

できる。
具体的には、亡くなった死刑囚の配偶者、直系の親族、兄弟姉妹は再審請求をすることができる。

【刑事訴訟法439条1項】
再審の請求は、左の者がこれをすることができる。
(4号)有罪の言渡を受けた者が死亡し、又は心神喪失の状態に在る場合には、その配偶者、直系の親族及び兄弟姉妹

飲酒検知を拒否してその場から立ち去ったが罪になるのか?

(道路交通法第67条3項)
車両等に乗車し、又は乗車しようとしている者が第六十五条第一項の規定に違反して車両等を運転するおそれがあると認められるときは、警察官は、次項の規定による措置に関し、その者が身体に保有しているアルコールの程度について調査するため、政令で定めるところにより、その者の呼気の検査をすることができる。

(道路交通法第118条の2)
第六十七条(危険防止の措置)第三項の規定による警察官の検査を拒み、又は妨げた者は、三月以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。

ということで、飲酒検知を拒否すると飲酒検知拒否罪になります。