旭合同法律事務所弁護士全体写真

大多数の人は、日頃は犯罪とは無縁な生活を過ごしています。

しかし、テレビや新聞などのマスコミでは、毎日のように犯罪の発生が報じられています。

犯罪が発生すると捜査が開始されます。

捜査段階で犯人とされた人は被疑者と呼ばれ、捜査の結果によって被疑者の起訴・不起訴が決定されます。

起訴された人は被告人と呼ばれ、裁判が始まり、最終的には被告人に対して有罪か無罪の判決が言い渡されます。

有罪の場合は、刑罰の種類と程度が判決主文で言い渡されます。

刑事事件

このように、捜査の開始から判決言い渡しまでの、犯人に対する刑罰が決められる手続きをひっくるめて、ここでは「刑事事件」と呼びます。

平穏な日常生活の中で、ある日突然、家族の中の誰かが逮捕されたとき、どうすればいいのでしょうか?

保釈や被害者との示談はどうします?

また、警察や検察庁から呼び出しを受けた場合は、どのように対応すればいいのでしょうか?

最近では、盗撮や痴漢が多発し、オレオレ詐欺などの特殊詐欺も依然として後を絶ちません。

犯罪の被害に遭わないためには、どのような工夫があるのでしょうか?

万一、犯罪による被害を受けた場合は、どんな手順を踏んで捜査を開始しもらえばいいのでしょうか?

ひとくちに刑事事件と言っても、加害者側の立場と、被害者側の立場とでは対処の仕方が違います。

また、事件の目撃者など第三者の立場で捜査や裁判に関係させられる場合もあります。

名古屋・岐阜・岡崎の弁護士事務所、旭合同法律事務所では、経験豊富な弁護士が、あなたの相談を受け、あなたの味方となって法的解決に向けて進めさせていただきます。お気軽にご相談下さい。

電話無料法律相談でお気軽にご相談下さい。

名古屋・岐阜・岡崎の弁護士事務所、旭合同法律事務所では、16名の弁護士が土日も担当制で電話無料法律相談を行っております。

旭のあーくん